小顔美人になる簡単な方法

小顔メイク、って何?


小顔メイクという言葉はよく聞きます。
言葉はよく聞くけど、やり方がよくわからない。

「どんなメイクをすれば、小顔になるの?」
「小顔メイクは自己流でもいいの?」

などなど。
小顔メイクの疑問点も多いのではないでしょうか。

小顔メイクとは、ただメイクではありません。

顔の凹凸を利用します。
メイクで、顔の凹凸にメリハリをつけます。
目の錯覚を利用して小顔に見せる、メイクのテクニックです。

小顔メイクで大切なポイントは、自分の顔をよく観察することです。

鏡を見てください。
どの部分が高くなっていて、どの部分が低いですか?
どこが引き締まって見えたら、小顔になりそうですか?

良いとか悪いとかじゃないですよ。
ノーメイクの状態で、自分の顔の特徴を、しっかり把握しておくことが大切です。

いよいよ小顔メイクの開始です。

これまで軽めのメイクだった方には、難しく感じてしまうかもしれません。
が、小顔メイクは、ポイントさえ覚えてしまえば、誰にでも、簡単にできるものです。

どうしてもできないときの秘策です。

エステやデパートの化粧品コーナーで、プロの方に小顔メイクしてもらいましょう。

プロの方にやってもらった小顔メイク。
これを覚えちゃえばいいんです。
自分で一から試行錯誤するより、早い方法です。

「小顔メイクに挑戦したい」って伝えれば、必要なアイテムやメイクのコツなどを教えてもらうこともできますよ。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔メイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔ダイエットは、自宅でする方が効果的かも


小顔ダイエットは、毎日続けると効果的です。

小顔に憧れて、エステに通う女性もいます。
ですが、時間や料金の関係で、続かない人も多いようです。

もちろん、エステに通えば、効果的に小顔ダイエットできます。
とはいえ、毎日続かなければ、そのうち元の顔に戻ってしまいます。

小顔ダイエットは、自宅でも、簡単にできる方法があります。
気軽にはじめられます。

小顔ダイエットの補助として、いろいろな器具や用品が発売されています。利用すると便利です。楽しく、毎日続けることができます。

小顔ダイエットに最低限必要なのは、自分の手と指だけです。
まずは、手と指があれば大丈夫です。

高価な美容液やクリームも、小顔になるためのグッズも。
何も必要ありません。

指と手のひらで行うマッサージ。
自宅で、空いた時間にするだけでも、ダイエット効果があります。

人差し指と中指、薬指の3本の指を使います。
気持ちが良いと思う程度の力で、約10秒間押します。

手のひらは、皮膚を強くひっぱらない程度にマッサージします。
温める感じのマッサージです。

毎日継続してマッサージすることが重要です。
それでも、どうしても時間がない場合は、無理することはありません。

首を回したり、上下運動したり。
それだけでいいので、やっておきましょう。

「まったく何もしなかった」
これだけは避けましょう。

リンパの流れを意識してマッサージすれば、毎日のたった数分の小顔マッサージでも、ダイエット効果が十分あります。

毎日の小顔ダイエットが習慣になったところで、小顔ダイエットの補助グッズを活用します。
効果がグッとあがりますし、せっかく買った小顔グッズも、無駄になりません。

お風呂上りなど。
血行が良くなっているときの小顔ダイエットは、さらに効果的です。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

小顔エクササイズで、ちょこっと「顔だけダイエット」


「顔だけ、ちょっと痩せたいのよ」

普通のダイエットに挑戦しても、顔だけ痩せるのは難しいですね。

「顔だけでいいから、痩せたいの」
そんなときは、小顔ダイエットです。

小顔エクササイズで、顔のむくみやたるみを解消すれば、顔のダイエットにも効果的です。

顔のたるみやむくみを解消。
顔だけダイエットに挑戦してみましょう。

顔だけダイエット。
小顔エクササイズで、フェイスラインをスッキリさせてあげます。

フェイスラインは、顔のむくみで崩れます。
そのほか、姿勢の悪さも原因になります。

姿勢が悪くなると、体全体のラインが崩れやすくなります。

●顔のラインに影響します
●二重アゴにもなります
●筋力が低下していくので、顔にたるみもでてきます

体全体のラインが崩れるということは、顔のラインにも影響が出てきます。

●フェイスラインが左右で異なる
●口を閉じたとき、口角が下がっている

こんなときは、顔がたるんでいる可能性が高いです。
さっそく小顔エクササイズしましょう。

小顔エクササイズは、正しい姿勢で行います。
そうですよね。姿勢が悪いとラインが崩れる。だったら、正しい姿勢でやるのは必然です。

小顔エクササイズは、1日1回でいいです。
鏡を見ながら、顔の筋肉をおもいっきり動かします。

目元のエクササイズです。

目を閉じて、眉毛をおもいっきり上にあげます。
で、5秒間キープ。

目を閉じたまま、顔の中央に筋肉を収縮させるように、おもいっきり寄せます。同じく、5秒間キープします。

目を開けます。
上下左右に、すばやく眼球を動かすエクササイズです。

ただし。
このエクササイズには、注意が必要です。

1.コンタクトの人は、はずしてください。

コンタクトをつけたままで行うと、目を傷める可能性があります。

2.慣れるまでは、眼球をゆっくり動かします。

眼球を急に動かすと、眼筋を痛めてしまう恐れがあります。
眼筋は、普段、激しく動かしていない筋肉です。
まずは眼を慣らしてから、すばやく動かしましょう。

3.気分が悪くなったら、やめてください。

速読術でも、同様の運動をすることがあるんですが。
急に目を動かすと、気分が悪くなることがあります。
無理は禁物です。気分が悪くなったら、すぐにエクササイズを中止してください。

小顔になるためとはいえ、眼を傷めては意味がありません。
ご注意ください。

さて、小顔エクササイズをすると、血流が良くなります。
むくみやたるみも、だんだん解消されてきます。
顔がポカポカしてきたら、エクササイズが正しく行われている証拠です。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

小顔になった自分をイメージして小顔体操


「小顔になりたい!」
裏を返せば、「顔が大きいんじゃないか?」と気にしてるわけですよね。

そもそも。
どうして顔が大きく見えるんでしょう?

顔が大きく見える原因のひとつが、顔のむくみやたるみです。
顔のむくみやたるみを解消すれば、顔がスッキリします。
小顔になります。

小顔体操のメリットは、費用がかからず、手軽にできることです。

小顔体操に限らず、大事なことは、継続することです。
続けることを重たく感じる必要はありません。
楽しく続ければいいんです。

小顔体操を継続すれば、必ず成果は現れます。
小顔になった自分をイメージすれば、毎日続けることなんて、楽しくてしょうがないですね。

では、簡単な小顔体操を、2つご紹介します。

まず、あいうえお体操です。

「あ・い・う・え・お」
口を大きく開けて動かします。
発声練習ではありませんので、大きな声を出す必要はありません。

ただし、口は、おおげさに動かしてください。
「少しオーバーかな?」と思うぐらいでちょうどいいです。

これを、朝晩に、10回程度繰り返します。
5分もかかりません。

もうひとつの小顔体操です。

下あごを前に突き出して、顔を少し上に向けます。
あごの下の部分を伸ばします。
つっぱる感じがするまで、あごを突き出すことがポイントです。

ただ、急に上を向くと、首を痛めてしまうかもしれません。
ゆっくりと上を向きながら、あごがつっぱるのを感じます。
こちらも、10回程度します。

どちらも簡単な小顔体操です。
ポイントは、継続して行うことです。

鏡で自分の顔を見ながらすると、より効果的。
なんだそうですが、わたしは恥ずかしいので、鏡は見ていません。

小顔になった自分の容姿を想像しながら、楽しく小顔体操を続けましょう。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

小顔体操でスッキリした顔になる


小顔体操なるものがあります。

「小顔になりたい」とか。
「もっとスッキリした顔になりたい」とか。

あなたの顔のお悩みにも、小顔体操が効果的かもしれません。

小顔体操は、自宅で、短時間でできる、簡単な体操です。
整形手術のような、大げさなものではありません。

小顔体操の基本的な目的は、小顔です。

小顔体操には、いろんな方法があります。
たとえば。

●マッサージ
●ツボ押し
●器具を利用したエクササイズ
●アゴの体操
●頬骨の体操

などです。

どれも簡単にできる小顔体操です。
時間もかかりません。

小顔体操の効果をあげるコツは、毎日つづけることです。
1日や2日で、いきなり小顔になることはありません。
「ちょっとずつ」を毎日つづけます。

小顔体操は、小顔が第一の目的です。
ですが、小顔のほかにも、様々な効果を得ることができます。

●左右の顔のゆがみが改善されたり
●顔やまぶたのむくみがとれたり
●頬のたるみや二重あごが、スッキリしたり

小顔を手に入れる過程で、副次的な効果も期待できます。

もしかしたら。
小顔体操は、「小顔になる」というよりも、「顔がスッキリする」という表現のほうが、正しいのかもしれません。

顔の皮下脂肪や余分な水分がたまることが原因で、顔がむくみます。
顔がむくむと、顔が大きく見えます。

小顔体操では、そのむくみを取ります。
小顔体操の効果が期待できるのは、小顔になりたい人だけではありません。

小顔体操では、顔のむくみやたるみを取る効果もあります。
「小顔は興味ないけど、老け顔に悩んでる」という方にも小顔体操は効果的です。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

小顔エクササイズで、顔のむくみをスッキリ解消


顔のむくみを解消すると、小顔になります。

むくみ解消のエクササイズを続ければ、自然に、だんだん小顔になっていきます。

小顔のエクササイズは、毎日することが大切です。
大変そうなイメージですが、あなたに合った簡単なエクササイズを見つければ、小顔になれます。

小顔エクササイズには、効果を高めるポイントが、いくつかあります。

まず、小顔エクササイズをする準備です。
小顔エクササイズをする前に、顔のこわばりを取っておきましょう。

まず、顔を温めます。
顔全体を両手で包みこむように覆います。

冷たいと感じるところは、顔のむくみがある部分です。
顔をゆっくりと温めてから、エクササイズします。

エクササイズの際は、表情筋をイメージします。
表情筋は、普段、あまり使っていません。
表情筋を意識して、エクササイズしましょう。

顔のむくみは、水分がうまく代謝されていないことが原因でおこります。リンパや血流の流れに沿って行うことも大切です。

小顔エクササイズは、強くしすぎると皮膚に影響します。
乳液や美容液を利用すると、皮膚への負担が軽くなります。
小顔エクササイズも、やりやすくなります。

手の平と指3本を使って、やさしくまろやかに、マッサージするようにエクササイズしましょう。

小顔エクササイズで、顔のむくみを解消。
と同時に、水分も綺麗にしておきます。

身体にきれいな水を循環させておくことで、むくみを解消する効果が高くなります。顔がむくみやすい人は、水分を多めにとるようにしましょう。

やさしく小顔エクササイズしながら、きちんと水分を取る。

代謝が良くなり、むくみが改善されていきます。
自然に顔が小さくなっていくはずです。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔ダイエットのポイントは、ほどよく気持ちよく。


小顔ダイエットにチャレンジしている人は、たくさんいます。

効果がすぐに出る人。なかなか出ない人。
体質なんかも関係して、いろんな人がいると思います。

ただ、せっかくの小顔ダイエットも、方法が間違っていれば、効果も半減です。

小顔ダイエットのポイントをおさらいしておきましょう。

「小顔なんだから、顔を小さくすればいいんだよ」
と思っている人も多いようです。

が、ちょっと違います。

顔は宙に浮いてるわけではありませんからね。
首とか頭に接しています。
小顔ダイエットも、ひと回り大きく捉えたほうが、効果が高いです。

顔に接している部分に、首があります。

首周りをスッキリとさせることも、小顔の条件としては重要です。
デコルテや首周りのマッサージも、手を抜かずに行うことが大切です。

首のつけ根のマッサージは、顔の老廃物を排出するのに効果的です。

顔だけではありません。
身体全体のリンパの流れを活性化する役割もあります。

結果として、代謝があがります。
ダイエット効果もあがります。

頭皮のマッサージも、小顔ダイエットに効果的です。

頭皮がこっている場合も多いようです。
少しマッサージするだけでも、頭がスッキリします。
気持ちいいです。

やさしくほぐすような感じで、マッサージします。
マッサージしてみて痛いところは、機能が悪くなっている場所です。
やさしくマッサージして、改善してあげる必要があります。

ただし、マッサージのやりすぎは禁物です。

痛くて我慢できないほど強くやったり、
一回で何度も何度も繰り返しマッサージしたり。

これは逆効果です。

一日も早く小顔になりたくて、焦る気持ちもわかります。
それでも、やりすぎには注意しましょう。

毎日、朝晩の決まった時間に、マッサージします。

顔洗って、歯磨きして、マッサージ、とか。
お風呂入って、身体洗って、マッサージ、とか。

毎日の習慣にしちゃえば、無理なく続けることができます。

ほどよく、気持ちよいぐらいの力加減。

顔にある5点のツボをマッサージします。
手のひらでたるみのストレッチをします。

小顔ダイエットでのマッサージは、ほどよく続けると効果的です。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

表情筋をストレッチして小顔になる方法


表情筋を意識的に動かすことで、小顔にする方法があります。

表情筋は、普通に生活しているだけでは、ほとんど使われていない筋肉です。使われていない表情筋は、80%ほどもあるそうです。

物をかんだり、口を動かしたり。
表情筋が活躍するのは、これくらい。
ほとんどの表情筋が、動かされないままなんだそうです。

使われていない表情筋は、加齢とともに、たるみの原因になります。
顔のたるみは小顔の大敵です。

逆に、表情筋を意識的に動かせば、効果的な小顔矯正法になるわけです。

普段動かしていない表情筋を動かす。
と言っても、難しくありません。簡単です。

ただ、他人に見られると、ちょっと恥ずかしい。
入浴タイムにするのが最適です。

小顔を手に入れる効果的な表情筋エクササイズの方法。

まず、首の筋肉を意識して動かすエクササイズです。

グーっと、ゆっくり上を向きます。
あごの下から首の前の筋肉が伸びていることを意識してください。
力まず、リラックスです。

次は、顔を下に向けます。
大げさに口をあけて発音する方法です。

「い」「え」と発音します。
この時、口を大きく動かして、はっきり発音することを意識します。

顔を正面に向けます。
「あ」「う」「お」を、大げさに口を開けながら発音します。

モゴモゴ発音しては意味がありません。
大きくハッキリと、口を動かします。

今度は、目です。

目を強く、ギュッと閉じます。
閉じたまま数秒キープ。
数秒後、大きく見開きます。

顔のストレッチみたいなもんです。
小顔のエクササイズなんですが、なんだか疲れもとれた気がしませんか?

簡単な方法です。
このような小顔になる運動を続けていくだけでも、少しずつ効果が実感できます。

少しずつ、です。
何より大切なのは、毎日継続することです。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活習慣を改善するだけで、小顔になる方法


小顔になるエステや小顔ダイエット。
小顔になるために、いろいろな方法を試している人がいます。

それでも、なかなか効果があがらない。
そんなとき、生活習慣を改善するだけで、小顔になることもあります。

顔の大きさが気になる原因には、顔に余分な肉がついてしまったことや、顔のむくみなどもあげられます。

顔に余分な肉がついてしまった場合。

規則正しい食事にしたり、食事を栄養バランスの良いものにしたり。食事の習慣を変えるだけで、ダイエット効果から小顔になることがあります。

食事の際、よく噛むことで、あごのラインをシャープにする方法もあります。

よく噛む習慣がないなら、固めのメニューを入れてみます。
よく噛む状況をつくります。噛むことで、あごの動きが多くなります。結果、あごのラインがシャープになります。

顔のむくみが原因で、顔の大きさが気になる場合。顔のむくみを取ればいいだけです。顔のむくみをなくして、小顔を手に入れる方法もあります。

顔のむくみの原因は、水分の摂りすぎやアルコールの摂りすぎが考えられます。

水分を、一気に大量にとると、むくみの原因になります。
一度に飲む量は控えめにして、飲む回数を増やします。

水分の総量は変えないほうがいいでしょう。
顔のむくみを避けるためとはいえ、水分補給そのものを減らすのは、体調不良の原因になります。

一気に飲まない、回数を増やす、総量は変えない、です。

アルコールは血液に作用します。
顔のむくみの原因になります。
小顔を手に入れるためには、控えたほうがいいでしょう。

生活習慣ではありませんが、顔のむくみ解消のツボを刺激することで、小顔効果が得られます。

が、顔の皮膚は、あまり刺激しすぎると肌荒れの原因になります。ツボを刺激するときは、やさしく刺激してあげましょう。

小顔を手に入れるために、小顔ダイエットや小顔エステなどのテクニックを利用するのは、効果的な方法です。

ただ、基礎としての生活習慣が悪ければ、効果が半減してしまいます。

小顔ダイエットなどの小顔効果を高めるためにも、一度、生活習慣を見直してみましょう。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

小顔ダイエットの方法


「小顔になりたい」
とは思っても、何をどうしたらいいのか・・・。

悩みつかれて、小顔ダイエットをあきらめていませんでしたか?

脂肪太りやむくみなどで大きくなってしまった顔。
あきらめず、原因を突き止めて、ダイエットすれば、見た目の印象は大きく変わってきます。

小顔になる方法は、ダイエットだけではありません。

マッサージやエクササイズ、矯正や整形、マスクやメイクなどなど。さまざまな行い方があります。

どの方法で小顔にするかは、あなたのライフスタイルを基準に選ぶといいでしょう。

即効性の高い方法は、フェイスマッサージ。
エステなどでされる方法です。

フェイスマッサージは、即効性が高い方法ですが、小まめにお手入れをしないと、すぐ元に戻ってしまうというデメリットもあります。

エステへ定期的に通う方法や、自分で表情筋トレーニングを毎日行い、小顔ダイエットをする方法などがあります。

さしあたり、ある程度メイクでごまかす。
なんてことも可能です。

美容整形での小顔作りは、半永久的です。
3oから1p程度のわずかな差。ですが、印象はまったく変わります。
骨格の矯正ですから、持続性があります。

ただ、その後の生活で、むくみや脂肪太りを原因に、顔が大きく見えてしまう可能性もあります。これは整形とは別問題ですが。

小顔ダイエットの方法は、ライフスタイルによって、大きく2つにわかれます。

自分で毎日、マッサージを継続できる人は、マイペースでやりましょう。毎日つづけることが大切です。
主に、自宅でお風呂あがりなどに小顔マッサージしましょう。

時間もあるし、費用にも余裕がある。そんな人は、エステなどに定期的に通うといいでしょう。
自分で小顔ダイエットするよりも、プロにしていただいた方が効果的です。

整形という方法もありますが、日本で、小顔のために整形を選択する人は少ないようです。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。