小顔美人になる簡単な方法

小顔体操で、たるみのないすっきり小顔に


小顔体操で、一番効果的なのは、顔のたるみの解消です。

顔の皮膚の裏側には、表情筋という筋肉があります。
表情筋は、日常生活ではほとんど使わない筋肉です。

一般的に、筋肉は、使わなければ硬くなってしまいます。
硬くなった筋肉は、縮んで重くなります。

表情筋が硬くなって、下に垂れさがってしまう。
これが、顔のたるみです。

小顔体操をすることで、普段使うことのない表情筋を動かします。
毎日数分、表情筋を動かす小顔体操をすると、たるみのない、スッキリした顔になります。

小顔体操で大切なのは、毎日継続して行なうことです。
毎日続けて行なえば、2〜3週間ほどで、効果が表れてきます。

もっと効果を高めるなら、お風呂上りに小顔体操をすると良いでしょう。

顔のたるみをとる小顔体操は、簡単です。

ギュッと、強く目を閉じます。
ほっぺたが上にあがる感じです。
その状態で、5秒間キープ。

そして、パッと目を開きます。
目を見開く。
これも、5秒間キープ。

力強く、目を閉じたり、開いたり。
これを、5回繰り返します。

次に、あごを上に向けます。
その状態で、「あ・う・お」と大きく口を動かします。
口先だけではなく、大きくハッキリと口を動かします。

今度は、あごを下に向けます。
「い・え」と同じように動かします。

わたしは、各10回ずつ繰り返しています。
大きくハッキリと、です。
ただし、声を出す必要はありません。

これがわたしの1セットです。
目の開け閉めが5回
「あ・う・お」が10回
「い・え」が10回

朝、顔を洗うときに。
お風呂上りに。
それぞれ、1セットずつ毎日行います。

小顔体操をするときは、顔の筋肉が動いていることを確認しながら行えば、より効果的です。

小顔体操は、毎日することが大切です。
1セットずつでもいいので、毎日小顔体操を続けましょう。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

小顔体操は、運動系ダイエットです


小顔体操や小顔マッサージが、人気を集めています。
自宅で手軽に、しかも簡単にできるのが、人気の理由です。

小顔体操とは、筋トレの一種です。

顔には、表情筋という筋肉があります。
この表情筋は、8割近くが、ほとんど使われていない状態です。

この表情筋を鍛えるだけでも、フェイスラインがスッキリした小顔になる可能性があります。

小顔体操とは、この表情筋を鍛えるための体操です。
小顔体操は、顔の運動系ダイエットとも言えます。

ただ、人間には、もって生まれた骨格があります。
かみ合わせなどの問題で、骨格が歪んでいることもあります。

さすがに、小顔体操では、骨格を変形させることは難しいでしょう。

かみ合わせに関しては、歯科医師に相談することをお勧めします。
噛み合わせを治すだけで、顔がスッキリすることもあるそうです。

ストレスや体の冷えなどが原因でおこる顔のむくみ。
代謝の悪さからくる、顔のむくみ。

小顔体操で表情筋を鍛えると、代謝が促進されます。
血行が良くなります。
その結果、顔のむくみを解消できます。

代謝を促進することで、小顔ダイエットにもつながります。

小顔体操は、表情筋を鍛える体操です。
普段ほとんど使っていない表情筋を鍛えることで、顔のたるみをなくします。

代謝が促進され、顔のむくみを解消します。
血行がよくなれば、美肌効果も期待できます。

小顔は、表情筋が鍛えられた結果の現われです。
小顔体操をするときは、目指す小顔をイメージしつつ、表情筋を鍛えることに集中しましょう。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

小顔になった自分をイメージして小顔体操


「小顔になりたい!」
裏を返せば、「顔が大きいんじゃないか?」と気にしてるわけですよね。

そもそも。
どうして顔が大きく見えるんでしょう?

顔が大きく見える原因のひとつが、顔のむくみやたるみです。
顔のむくみやたるみを解消すれば、顔がスッキリします。
小顔になります。

小顔体操のメリットは、費用がかからず、手軽にできることです。

小顔体操に限らず、大事なことは、継続することです。
続けることを重たく感じる必要はありません。
楽しく続ければいいんです。

小顔体操を継続すれば、必ず成果は現れます。
小顔になった自分をイメージすれば、毎日続けることなんて、楽しくてしょうがないですね。

では、簡単な小顔体操を、2つご紹介します。

まず、あいうえお体操です。

「あ・い・う・え・お」
口を大きく開けて動かします。
発声練習ではありませんので、大きな声を出す必要はありません。

ただし、口は、おおげさに動かしてください。
「少しオーバーかな?」と思うぐらいでちょうどいいです。

これを、朝晩に、10回程度繰り返します。
5分もかかりません。

もうひとつの小顔体操です。

下あごを前に突き出して、顔を少し上に向けます。
あごの下の部分を伸ばします。
つっぱる感じがするまで、あごを突き出すことがポイントです。

ただ、急に上を向くと、首を痛めてしまうかもしれません。
ゆっくりと上を向きながら、あごがつっぱるのを感じます。
こちらも、10回程度します。

どちらも簡単な小顔体操です。
ポイントは、継続して行うことです。

鏡で自分の顔を見ながらすると、より効果的。
なんだそうですが、わたしは恥ずかしいので、鏡は見ていません。

小顔になった自分の容姿を想像しながら、楽しく小顔体操を続けましょう。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

小顔体操でスッキリした顔になる


小顔体操なるものがあります。

「小顔になりたい」とか。
「もっとスッキリした顔になりたい」とか。

あなたの顔のお悩みにも、小顔体操が効果的かもしれません。

小顔体操は、自宅で、短時間でできる、簡単な体操です。
整形手術のような、大げさなものではありません。

小顔体操の基本的な目的は、小顔です。

小顔体操には、いろんな方法があります。
たとえば。

●マッサージ
●ツボ押し
●器具を利用したエクササイズ
●アゴの体操
●頬骨の体操

などです。

どれも簡単にできる小顔体操です。
時間もかかりません。

小顔体操の効果をあげるコツは、毎日つづけることです。
1日や2日で、いきなり小顔になることはありません。
「ちょっとずつ」を毎日つづけます。

小顔体操は、小顔が第一の目的です。
ですが、小顔のほかにも、様々な効果を得ることができます。

●左右の顔のゆがみが改善されたり
●顔やまぶたのむくみがとれたり
●頬のたるみや二重あごが、スッキリしたり

小顔を手に入れる過程で、副次的な効果も期待できます。

もしかしたら。
小顔体操は、「小顔になる」というよりも、「顔がスッキリする」という表現のほうが、正しいのかもしれません。

顔の皮下脂肪や余分な水分がたまることが原因で、顔がむくみます。
顔がむくむと、顔が大きく見えます。

小顔体操では、そのむくみを取ります。
小顔体操の効果が期待できるのは、小顔になりたい人だけではありません。

小顔体操では、顔のむくみやたるみを取る効果もあります。
「小顔は興味ないけど、老け顔に悩んでる」という方にも小顔体操は効果的です。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔体操 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。