小顔美人になる簡単な方法

あなたのライフスタイルにピッタリの小顔になる方法を探す


「小顔になりたい!」
いま、たくさんの人が、小顔になるためにがんばっています。

ただ、
「小顔になる」っていっても、いろんな方法があります。

メイクで小顔に見せる。エクササイズ、エステ、リンパマッサージ、ダイエットで小顔を作る。

小顔対策には、たくさんの方法があります。

プチ整形で小顔を手に入れる方法もあります。
ですが、ほとんどの人は、プチ整形を選びません。日々の努力で、小顔を目指しているようです。

メイクで小顔に見せる方法は、ファンデーションの選び方や陰影のつけ方、チークのつけ方、眉の位置の決め方、などです。これらのメイクで、小顔を作っていきます。

とはいえ、誤解を恐れずに言えば、メイクでの小顔は、目の錯覚です。
実際の顔は、何も変わりません。

だから、メイクでの小顔効果を期待すると同時に、日々の小顔マッサージなども、合わせて行います。

実際の顔の大きさも、小さく見せる努力をしていきます。

小顔を作るためのマッサージは、お風呂での洗顔時に行うものや、ローションやミルクをつける際に行うものなどがあります。

顔の筋肉を動かすエクササイズもあります。

エクササイズで、顔についている脂肪を落とします。
脂肪を落とすことで、小顔にしていく方法です。

普段使わない筋肉を動かすことでも、小顔に近づきます。

当サイトでも、小顔になる方法をご紹介していますが、雑誌やインターネットを探せば、小顔になる方法は、たくさん公開されています。

小顔になる方法を選ぶ際の基準は、あなたのライフスタイルです。

どんなに効果的な方法でも、ライフスタイルに合っていなければ、長続きしません。続かないということは、あなたにとっては、効果が薄いということです。

たくさんの小顔矯正法の中から、あなたのライフスタイルに合った方法を試してみるといいでしょう。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

リンパマッサージで小顔になる、ちょっとしたコツ


リンパマッサージには、即効性があると評判です。
なので、たくさんの人が、リンパマッサージに取り組んでいます。

リンパの流れを改善し、むくみを解消するリンパマッサージ。
リンパマッサージはなにも、小顔効果だけではありません。
体全体の引き締め効果があり、注目を集めているマッサージ方法です。

リンパマッサージする際、注意点があります。

小顔を目的にリンパマッサージをする場合、顔の皮膚を傷つけないように注意しましょう。

顔の皮膚はデリケートです。
やさしく、ソフトにリンパマッサージを行います。

強く擦るのは禁物です。
ほどよい圧力をかけながら、手のひらを使って行います。

小顔のリンパマッサージは、肌に負担をかけないよう、クリームなどを使うといいでしょう。
擦るのではなく、ゆっくり圧力をかけながら移動させます。

リンパマッサージでは、滞った老廃物をリンパに流します。
なので、マッサージの順序を間違えないように、気をつけます。

リンパマッサージで、小顔になる方法を成功させるには、ポイントがあります。

「首筋から鎖骨あたりまで、まっすぐに圧力をかける」

このマッサージを、各マッサージの最後に必ずします。
どこかの部分のマッサージをやって、首筋から鎖骨まで・・・をします。

たとえば、二重あご。
リンパマッサージで二重あごを改善する方法です。

1.頬づえをつくような感じで、あごの真ん中に親指の付け根をつけます。
2.圧力をかけながら、ゆっくり両耳の下まで移動させ。
3.耳から首筋を通って、鎖骨までおろしてくるように指を移動させます。

これで、下顎についてしまった脂肪を取り除くことができます。
気になる二重あごが改善します。

リンパマッサージを、正しい方法で行えば、より効率的に、小顔効果が得られるようになります。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小顔美人になる簡単な方法

表情筋をストレッチして小顔になる方法


表情筋を意識的に動かすことで、小顔にする方法があります。

表情筋は、普通に生活しているだけでは、ほとんど使われていない筋肉です。使われていない表情筋は、80%ほどもあるそうです。

物をかんだり、口を動かしたり。
表情筋が活躍するのは、これくらい。
ほとんどの表情筋が、動かされないままなんだそうです。

使われていない表情筋は、加齢とともに、たるみの原因になります。
顔のたるみは小顔の大敵です。

逆に、表情筋を意識的に動かせば、効果的な小顔矯正法になるわけです。

普段動かしていない表情筋を動かす。
と言っても、難しくありません。簡単です。

ただ、他人に見られると、ちょっと恥ずかしい。
入浴タイムにするのが最適です。

小顔を手に入れる効果的な表情筋エクササイズの方法。

まず、首の筋肉を意識して動かすエクササイズです。

グーっと、ゆっくり上を向きます。
あごの下から首の前の筋肉が伸びていることを意識してください。
力まず、リラックスです。

次は、顔を下に向けます。
大げさに口をあけて発音する方法です。

「い」「え」と発音します。
この時、口を大きく動かして、はっきり発音することを意識します。

顔を正面に向けます。
「あ」「う」「お」を、大げさに口を開けながら発音します。

モゴモゴ発音しては意味がありません。
大きくハッキリと、口を動かします。

今度は、目です。

目を強く、ギュッと閉じます。
閉じたまま数秒キープ。
数秒後、大きく見開きます。

顔のストレッチみたいなもんです。
小顔のエクササイズなんですが、なんだか疲れもとれた気がしませんか?

簡単な方法です。
このような小顔になる運動を続けていくだけでも、少しずつ効果が実感できます。

少しずつ、です。
何より大切なのは、毎日継続することです。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生活習慣を改善するだけで、小顔になる方法


小顔になるエステや小顔ダイエット。
小顔になるために、いろいろな方法を試している人がいます。

それでも、なかなか効果があがらない。
そんなとき、生活習慣を改善するだけで、小顔になることもあります。

顔の大きさが気になる原因には、顔に余分な肉がついてしまったことや、顔のむくみなどもあげられます。

顔に余分な肉がついてしまった場合。

規則正しい食事にしたり、食事を栄養バランスの良いものにしたり。食事の習慣を変えるだけで、ダイエット効果から小顔になることがあります。

食事の際、よく噛むことで、あごのラインをシャープにする方法もあります。

よく噛む習慣がないなら、固めのメニューを入れてみます。
よく噛む状況をつくります。噛むことで、あごの動きが多くなります。結果、あごのラインがシャープになります。

顔のむくみが原因で、顔の大きさが気になる場合。顔のむくみを取ればいいだけです。顔のむくみをなくして、小顔を手に入れる方法もあります。

顔のむくみの原因は、水分の摂りすぎやアルコールの摂りすぎが考えられます。

水分を、一気に大量にとると、むくみの原因になります。
一度に飲む量は控えめにして、飲む回数を増やします。

水分の総量は変えないほうがいいでしょう。
顔のむくみを避けるためとはいえ、水分補給そのものを減らすのは、体調不良の原因になります。

一気に飲まない、回数を増やす、総量は変えない、です。

アルコールは血液に作用します。
顔のむくみの原因になります。
小顔を手に入れるためには、控えたほうがいいでしょう。

生活習慣ではありませんが、顔のむくみ解消のツボを刺激することで、小顔効果が得られます。

が、顔の皮膚は、あまり刺激しすぎると肌荒れの原因になります。ツボを刺激するときは、やさしく刺激してあげましょう。

小顔を手に入れるために、小顔ダイエットや小顔エステなどのテクニックを利用するのは、効果的な方法です。

ただ、基礎としての生活習慣が悪ければ、効果が半減してしまいます。

小顔ダイエットなどの小顔効果を高めるためにも、一度、生活習慣を見直してみましょう。
posted by 小顔美人になる方法 | 小顔になる方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。